Yahooサジェスト(虫眼鏡)を削除するための3つの手法【申請?弁護士?】

2020年7月6日その他

Yahoo!サジェスト(虫眼鏡)

ほとんどの人がスマホを手に持ち、なにかわからないことや知りたいことがあったらすぐに検索をするのが当然になりました。最近ではSNSでの検索が増加していると言われるものの、明確な答えが存在するようなケースではGoogleやYahoo!といった検索エンジンが使われるのが一般的です。

検索エンジンで企業名やサービス・商品名を検索すると、検索補助(サジェスト)や関連検索キーワード(虫眼鏡)と呼ばれる検索キーワードの候補が表示されます。ここにネガティブなキーワードが表示されてしまうことで営業活動や採用活動に非常に苦戦される企業が多く存在しています。

結論から言えばYahoo!サジェスト(虫眼鏡)を削除することは可能です。

この記事では、

検索補助(サジェスト)や虫眼鏡の仕組みやどのような対策の選択肢があるのか?

それぞれどのくらいの費用がかかるのか?

といったところまで解説していきます。


中小企業の効率的なwebマーケティングならご相談ください。

KAIZUKAでは中小規模の事業者様をメインにデジタル/webマーケティング全般のサポートを行っております。戦略やプランニングといったレイヤーから実際の運用まで対応可能です。よいwebマーケティング会社がいないとお困りの方はぜひKAIZUKAまでご相談ください。

Yahoo!サジェスト(虫眼鏡)はなぜ表示される?

検索エンジン「Yahoo!JAPAN」ではキーワードを入力する検索窓に検索補助(サジェスト)が表示され、検索結果画面の上下には関連検索キーワード(虫眼鏡)が表示されます。

Yahoo!JAPAN検索結果
関連検索キーワード(虫眼鏡)

検索補助(サジェスト)や関連検索キーワード(虫眼鏡)の目的は、ユーザーの検索を楽にして欲しい情報にたどり着くのを助けることです。この検索補助や虫眼鏡に表示されるキーワードは、多くのユーザーが入力したキーワードやデータを参考にして算出されます。単純に検索回数が多いということだけではなく、他キーワードとの近似性、検索地域、コンテンツとの関連性など複数の要因によって表示ワードが決められます。

これらの機能はユーザーが知りたい情報へアクセスすることを簡単にしていますが、一方でその役割をまったく果たせていない検索補助(サジェスト)や関連検索キーワード(虫眼鏡)も存在することも事実です。機械的システム的であるがゆえに適切でないキーワードや状況を個別に判断するのが難しいということもあります。

単純に検索の回数で評価してしまったり、間違ったキーワード同士を関連付けてしまったり、不適切なワードを表示させてしまったりとすべてに対応することは困難です。

ネガティブサジェストによるマイナス効果

自社名や自社サービス名にネガティブに心当たりのないネガティブキーワードが表示されている場合には「なぜこのようなキーワードが表示されているんだ?」と思うのも当然ですが、一般のユーザーは検索補助(サジェスト)や関連検索キーワード(虫眼鏡)に表示されているキーワードを「みんながよく検索するキーワードである」と感じています。

会社名を検索して「ブラック」と表示されていれば「多くの人がブラックと検索しているんだな」と考えるのが普通です。それではあなたの会社名を誰が検索し、サジェストや関連ワードのネガティブキーワードは誰の目に触れてどのような悪影響が予想できるでしょうか?

売上や新規取引への悪影響

もし自分が新しい取引先数社の比較検討をしている場合、そのうちの1社を検索すると「詐欺」「悪質」といったキーワードが頻繁に出ていたらよく調べ直すか、忙しければ検討から外しますよね。「ブラックと表示されるからできれば取引は避けたいなぁ・・」と思われてしまうだけでそれだけの損失があるでしょうか。

社名やサービス名を検索して「ブラック」「倒産」「悪質」「詐欺」などは当然として「評判」「口コミ」「噂」などのネガティブな口コミサイトにユーザーを誘導するキーワードも悪影響を与えることがあります。

採用活動における悪影響

採用活動、特に新卒採用では「実際の労働状況がブラックであるか」よりも「ブラックにみえるか」のほうが影響がありそうです。本当のところは実際に働いてみないとわかりませんが、候補者や入社検討者はサジェスト、関連ワード、口コミサイト、Twitterなどネット上のあらゆる情報を確認して判断しています。

採用サイトによくある先輩社員の志望動機、1日のスケジュール、仕事のやりがいなんてなんの参考にもならないことはまともな学生は理解しています。そもそもの労働環境や待遇が悪いのであればまずそちらを改善に注力するのが本質的ではありますが、事実無根なものや誇大に書かれているものについては迷わずに対応していく必要があります。

金融機関の与信への悪影響

与信審査は決算書をメインに行いますが、一部ではマスコミ情報やネット情報も参考にされます。ネット上で倒産の噂があったり悪評が立っていると融資に悪影響だろうというのも理解できます。火のないところに煙は立たないと言いますが、火がなくても煙が立つことがあるのがネットの口コミや評判です。

Yahooサジェスト(虫眼鏡)への有効な3つの対策手法

それではすでに自社名や自社サービスなどの検索補助(サジェスト)や関連検索キーワード(虫眼鏡)にネガティブなキーワードが表示されてしまっている場合はどうしたらよいのでしょうか。3つの対策の方向性と費用感についてもまとめました。

Yahoo!に直接相談する

まず一番簡単にできるのが「Yahoo!JAPANに連絡すること」です。関連検索ワード(Yahooサジェスト)の正確性や質を上げたいのはYahoo!JAPANも同じで、人為的に表示されたと思われるものや不適切なキーワードは削除の対応をしてくれることもあるようです。

Yahoo!JAPANのガイドラインによると下記のような記載があります。

当該アルゴリズムによって表示された関連検索ワードであっても、そのワードの表示がスパム、猥褻用語、差別用語、犯罪を助長する用語、その他当社が不適切であると判断した場合には非表示にすることがあります。

Yahoo!検索ヘルプ – 「関連検索ワード」とは

こちらのページより申請が可能です。Yahoo!検索ヘルプ – 「関連検索ワード」とは

Yahoo!JAPANで「表示させるべきでない」と判断した場合は非表示になるようです。申請をした人による情報を調べてみると「数週間連絡がなかった」「結局消えなかった」といったような書き込みもありますが、「詐欺」などの明らかに悪質なキーワードの場合には対応してくれているケースもあるようです。費用もかからないため急ぎでない人はとりあえず一度申請しておけばよいでしょう。

弁護士による対応

弁護士による対応は大きく2つのパターンに分けられます。

1つ目は弁護士がクライアントの代理でYahoo!に申請を行うというものです。法的根拠を明確にしたり弁護士からの連絡であるということによって少しは成功確率が上がるのかもしれません。費用の相場は1キーワード10万円程度〜とのことなので、自分で申請をするのが面倒/時間がないという人は依頼するといいかもしれません。

もうひとつの対策は裁判手続きで法的な対応をするというものです。Yahoo!JAPANへのフォームからの申請で削除がされなかったがどうしても消したいといった場合はこちらの対応になるでしょう。こちらの場合だと裁判費用がかかるので30〜50万円程度が相場となります。裁判手続きの場合には着手金+成果報酬のケースがほとんどで、仮に削除といった効果がなくても費用は発生します。また裁判ですのでどうしてもある程度の期間(数ヶ月)が必要なことは避けられないようです。

ユーザーの検索行動を変える

検索補助(サジェスト)や関連検索キーワード(虫眼鏡)に表示されるキーワードの数には制限があります。ということはネガティブなキーワードよりも優先的に表示されるキーワードが多ければ結果的にネガティブキーワードを非表示化できるということです。

Yahoo!サジェスト(虫眼鏡)部分に表示されるキーワードはユーザーが検索したキーワード、検索回数、地域などの複数の要因で決まります。新たなサービスを打ち出したり広告で認知をつくり検索行動を生み出すことで今までなかったサジェスト(虫眼鏡)を作り出し、ネガティブキーワードを追い出すことも可能です。

もちろん誰でも簡単にできる施策ではありませんが、ひとつ消えたら費用がかかる、次のものが出たらまた費用がかかるといったことを繰り返すよりも本質的な対策となります。「ネガティブなキーワードが出たから弁護士に依頼」を繰り返すよりも、そういったキーワードが表示されない環境を作ってしまうほうが無駄がありません。

会社名を調べる人は見込み度が高い

GoogleやYahoo!で会社名やサービス名を検索するユーザーは、自社に関わるユーザーのなかでも非常に重要度の高いユーザーとなります。なぜかといえば会社名やサービス名を検索するユーザーは、情報収集段階のユーザーではなく「積極的に比較検討中」「個別に情報を確認」しているコンバージョン(購入・問い合わせ・申し込み等)に近いユーザーだからです。

「マンション」よりも「ザ・パークハウス」「シティハウス」

「スマホ 料金」よりも「ソフトバンク 」

「高級セダン」よりも「レクサス LS」

いずれの場合も実際に購入や申込みに至りやすいユーザーは前者ではなく後者に存在します。だからこそ企業名やサービス/商品名を検索したユーザーにサジェストや虫眼鏡部分のネガティブなキーワードで悪印象を与えてしまうと大きな損につながる可能性が高いのです。

またBtoB商材や不動産や金融のような単価の高いBtoC商材であれば、ひとつの契約で売上が数百万円になることも珍しくありません。「ネガティブなキーワードが多いから購入(問い合わせ)をやめておこう」を1件でも防ぐことができれば対策の費用対効果としては十分なのではないでしょうか。

Yahoo!サジェスト(虫眼鏡)の早期解決なら

Yahoo!サジェストや虫眼鏡について一通りのロジックや対策方法について解説をしてきました。Yahoo!サジェスト(虫眼鏡)の対応としては、そこまで急ぎでなければ無料なのでとりあえず「Yahoo!に申請する」、その上で時間がかかってもよい場合には「弁護士での法的な対応」を検討してもよいかもしれません。「1日でも早く対応したい」という場合にはご相談ください。この記事をお読みいただいた上で、

・自社名やサービス名を検索するとネガティブなキーワードが表示される

・できるだけ早く対応したい

・何十万円もの金額は払えない

という方がいればご連絡ください。弊社では1キーワード9,800円/月〜、もし仮に2週間経過しても効果がない場合には全額ご返金しています。

同業他社や業界の価格を調べていただいてもおそらくこちらが最安値の金額だと思います。弊社ではこれが本業ではなく大きな利益をとる必要もありませんので、この金額でご提供が可能です。ただ対応件数には限りがあることにはご了承ください。弊社は無駄な作業を削減することでコストを抑えておりますので、華美なレポートや逐一詳細な報告をご要望する方は他社でご検討いただければと思います。


中小企業の効率的なwebマーケティングならご相談ください。

KAIZUKAでは中小規模の事業者様をメインにデジタル/webマーケティング全般のサポートを行っております。戦略やプランニングといったレイヤーから実際の運用まで対応可能です。よいwebマーケティング会社がいないとお困りの方はぜひKAIZUKAまでご相談ください。

↓この記事を読んだ人にはこちらもおすすめ↓

2020年7月6日その他

Posted by kaizuka