【LP】BtoBランディングページ運用ガイド

ガイド

ランディングページ(LP)のすべて

LPは、広告やメールマガジンなどから誘導されたユーザーが最初に訪れるページであり、ユーザーの関心を引きつけ、商品の購入やお問い合わせといった具体的なアクション(コンバージョン)に繋げる役割を持っています。

本記事では、成果を出すためのLPの基本構成や具体的な作成ポイント、成功事例、継続的な改善方法について詳しく解説していきます。

ランディングページ(LP)とは?

LP(ランディングページ)とは、「ユーザーが最初に訪問したページ」という広義の意味もありますが、ここでは特定の目的(CV)を果たすために特化したページを指します。具体的には、商品の購入や問い合わせの獲得、資料ダウンロードなど、なにかしらの目標を達成するために使用されます。

通常のWebサイトとランディングページ(LP)には構造的な違いがあります。Webサイトは、多くの場合、複数のページ間を遷移させる構造を持ち、様々なコンテンツが閲覧されることを目的としています。

これに対して、LPは1ページで完結する構造となっていることが多く、流入したユーザーをなにかしらのコンバージョンへと導くことを目的としています。

  • Webサイト⇒複数のページを遷移させる構造
    Webサイトは、多くの情報やコンテンツを提供するために、複数のページを用意しています。ユーザーは必要に応じてページを遷移しながら、情報を取得していく構造です。例えば、会社概要、製品情報、ブログなど、様々なコンテンツが含まれています。
  • LP⇒1ページで完結させる構造
    LPは、1ページでユーザーをコンバージョンへと導くことを目的としています。広告やメールマガジンから直接リンクされることが多く、訪問者が直感的に次のアクションを起こせるように設計されています。例えば、商品購入のための詳細情報や顧客の声、具体的なCTA(Call To Action)ボタンなどが一つのページに集約されています。

WebサイトとLPはそれぞれの目的に応じた異なる構造を持ち、ユーザーに提供する体験も異なります。

リスティング広告とランディングページ(LP)

リスティング広告の役割

リスティング広告は、検索エンジンでの検索キーワードに対して表示する広告です。

ユーザーが問題を解決するための検索行動(とキーワード)に対して広告を表示させるため、ターゲティングの精度が高くなるのが特徴的です。リスティング広告の主な役割は、興味を持っているユーザーを自社のランディングページ(LP)に誘導し、そこでコンバージョンを促すことです。

頭在層と明確層へのアプローチ

リスティング広告はユーザーの関心や購買意欲に応じたアプローチが可能で、特に顕在層と明確層に対しては、リスティング広告が効果的です。

  • 顕在層: 課題を認識しており、解決策を模索しているユーザー層。このユーザーに対しては、問題解決に直結する具体的なソリューションを提案する広告が有効です。
  • 明確層: 具体的な解決策を探しているユーザー層。彼らには、競合他社と比較して自社製品やサービスの優位性を強調した広告が効果的です。

リスティング広告は、解決したい問題を認識している明確層や顕在層ユーザーに対して特に有効ですが、準頭在層や潜在層にもアプローチすることができます。

  • 準顕在層: 課題を感じているが、具体的な解決策をまだ模索していないユーザー層。ここでは、問題認識を促しつつ、解決策を提案する広告が有効です。
  • 潜在層: 課題を認識していない、または課題そのものが存在しないと考えているユーザー層。彼らには、問題提起を行い、その問題に対する解決策を提示することで興味を引きます。

このユーザー層は自発的に検索行動をすることはないので、ディスプレイ広告やYouTube広告などによってアプローチする必要があります。

リスティング広告からLPへの流れ

検索広告の広告文やディスプレイ広告をクリックしたユーザーは、ランディングページ(LP)に誘導されます。広告で引き付けたユーザーをスムーズにコンバージョンへ導くために、LPは以下の要素を含むことが求められます。

  • ファーストビュー: 広告をクリック後、最初に画面に表示される部分を指します。キャッチコピーや視覚的に訴える画像を配置し、明確なCTAボタンを設置が重要です。
  • 興味・関心: ユーザーの興味を引き、ページを読み進めたくなるようなコンテンツを置きます。
  • 説得・エビデンス: 実績や専門知識、具体的な活用例を提示し、ユーザーの納得感を高めます。
  • 信頼: 顧客の声や導入事例を掲載し、信頼性を高めます。
  • クロージング: 最終的なアクション(お問い合わせや購入)を促すための誘導を行います。

LPのパフォーマンス検証

LPのパフォーマンス検証は、リスティング広告の効果を最大化するために不可欠です。以下の方法を用いてLPの効果を評価します。

  • コンバージョン率(CVR)の測定: LPを訪れたユーザーのうち、実際にコンバージョンに至った割合を確認します。これにより、LPの効果を定量的に評価できます。
  • A/Bテスト: LPの異なるバージョンを比較し、どちらがより高いコンバージョン率を達成するかを検証します。
  • ユーザー行動の分析: ユーザーがLP内でどのような行動を取っているかを解析し、どの部分で離脱が多いか、どのコンテンツが効果的かを把握します。

これらの手法を活用して、LPのパフォーマンスを継続的に改善し、リスティング広告からのコンバージョン率を高めることが可能です。

成果を出すLPの基本構成

効果的なランディングページ(LP)を作成するためには、ユーザーの興味を引き、最終的なコンバージョンを促すための要素をバランスよく配置することが重要です。

以下に、成果を出すためのLPの基本構成とその具体的な要素を説明します。

ファーストビュー

ファーストビューは、ユーザーがLPにアクセスして最初に目にする部分です。ここでユーザーの興味を引き、ページを読み進めることを促すことが求められます。

  • キャッチコピー: ユーザーの関心を引く強力なメッセージを伝えます。短く、分かりやすく、訴求力のあるコピーを心がけましょう。
  • 画像: 視覚的に訴える画像を配置し、サービスや製品の魅力を直感的に伝えます。高品質な画像を使用し、ユーザーに良い第一印象を与えることが大切です。
  • CTAボタン: 明確で目立つCTA(Call To Action)ボタンを配置します。フォーム入力や問い合わせページへの遷移であるCTAボタンは、色や位置に工夫を凝らしてクリックを促しましょう。

興味・関心

ユーザーの興味を引き、ページを読み進めてもらうためのコンテンツを提供します。

  • 得られる結果: サービスや製品を利用することで得られる具体的な結果を示します。ユーザーが期待できる効果やメリットを明確に伝えましょう。
  • 対象者(こんな人におすすめ): ターゲットとなるユーザー層を明示し、彼らに共感を呼び起こします。「こんな悩みを持っている人に最適」というメッセージを伝えます。
  • ユーザーの気づき: ユーザーが抱えている問題やニーズに気づかせるためのコンテンツを提供します。新たな視点を提供し、興味を持ってもらうことが目的です。

説得・エビデンス

ユーザーを説得し、信頼を得るための証拠を提供します。

  • 実績による証拠: 数字や具体的な事例を用いて、サービスや製品の効果を示します。例えば、導入企業数や顧客満足度の高さなどが挙げられます。
  • 機能による証拠: サービスや製品の具体的な機能を説明し、他社との違いを強調します。独自の機能や利便性をアピールしましょう。
  • 専門知識による証拠: 専門家の監修や特定の分野での実績を示し、信頼性を高めます。コンサルタントのコメントや認定資格などが有効です。
  • 活用例による証拠: 実際のユーザーによる活用例を紹介し、具体的な利用シーンをイメージさせます。ユーザーの声や導入事例を掲載します。

信頼

ユーザーに安心感を与え、信頼性を高めるためのコンテンツを提供します。

  • 顧客の声: 実際にサービスや製品を利用した顧客のレビューや感想を掲載します。具体的な体験談は信頼性を高めます。
  • 導入企業の声: 導入企業の事例やコメントを紹介し、信頼性を裏付けます。影響力のある企業や有名企業の導入事例は特に効果的です。
  • 料金表: サービスや製品の料金を明確に示し、費用に対する安心感を提供します。料金プランや価格の詳細を分かりやすく提示しましょう。
  • よくある質問: ユーザーの疑問や不安を解消するためのFAQを提供します。具体的な質問とその回答を掲載し、信頼感を高めます。

クロージング

最終的なアクションを促すための誘導を行います。

  • オファーの提供: ユーザーに具体的なアクションを促すオファーを提供します。例えば、無料トライアルや特別割引などのオファーが効果的です。
  • フォームへの誘導: コンバージョンのためのフォームを配置し、ユーザーがスムーズにアクションを取れるようにします。フォームは簡潔で入力しやすいものにしましょう。

関連記事:【EFO】問い合わせフォーム改善ガイド

以上の構成要素をバランスよく組み合わせることで、効果的なランディングページを作成し、コンバージョン率を高めることができます。

具体的なLP作成のポイント

ランディングページ(LP)を効果的に作成するためには、いくつかの重要なポイントを押さえる必要があります。以下に、キャッチコピーの作成から画像選定、CTAボタンの配置までの具体的なポイントを紹介します。

キャッチコピーの作成

キャッチコピーは、ユーザーの注意を引き、LPの内容に興味を持たせるための最初の重要な要素です。効果的なキャッチコピーを作成するためのポイントは以下の通りです。

  • 短くシンプルに: 長すぎるキャッチコピーは避け、短くシンプルな表現でインパクトを与えます。
  • 具体的なベネフィットを提示: ユーザーが得られる具体的な利益や効果を明示します。
  • 緊急性や限定感を出す: 「今だけ」「限定」などの表現を使って、行動を促す要素を加えます。
  • ターゲットに合わせる: ターゲットユーザーに響く言葉を選び、彼らの課題やニーズに直接訴えかける内容にします。

画像選定の重要性

画像は、ユーザーの視覚に訴えかけ、感情を動かす重要な要素です。適切な画像選定は、LPの効果を大きく左右します。

  • 高品質な画像を使用: 解像度が高く、プロフェッショナルな印象を与える画像を使用します。
  • 関連性のある画像を選ぶ: サービスや製品の内容に直接関連する画像を選び、ユーザーに視覚的に訴えます。
  • 感情を引き出す画像: ユーザーの感情に訴えかけるような画像を選ぶことで、共感を得やすくなります。
  • 視線誘導を考慮: 画像内の視線がCTAボタンや重要な情報に向かうように配置し、ユーザーの視線を自然に誘導します。

効果的なCTAボタンの配置

CTA(Call To Action)ボタンは、ユーザーに具体的な行動を促すための重要な要素です。効果的なCTAボタンの配置には以下のポイントがあります。

  • 目立つデザイン: 色やサイズ、配置場所に工夫を凝らし、他のコンテンツよりも目立つようにします。
  • 明確なアクションを示す: 「今すぐ登録」「無料で試す」など、具体的な行動を示す言葉を使用します。
  • 複数箇所に配置: ページの上部、中部、下部など、ユーザーがどの位置でもアクションを起こしやすいように複数箇所に配置します。
  • 視線誘導を利用: ユーザーの視線が自然とCTAボタンに向かうように、レイアウトや画像、テキストの配置を工夫します。

関連記事:【まとめ】コンバージョンを増やすBtoBのCTA戦略

LPの競合調査

競合LPの分析方法

効果的なランディングページ(LP)を作成するためには、競合他社のLPを分析することも効果的です。競合LPを分析する際には以下のポイントに注目します。

  • キーワード分析: 競合他社がターゲットとしているキーワードを調査し、どのような検索クエリに対してLPを最適化しているかを把握します。
  • デザインとレイアウト: 競合のLPがどのようなデザインとレイアウトを採用しているかを分析します。特にファーストビューの構成やCTAボタンの配置に注目します。
  • コンテンツの質と量: 競合LPがどのようなコンテンツを提供しているか、情報の質と量を評価します。テキスト、画像、動画などのコンテンツ形式にも注目します。
  • ユーザー体験(UX): 競合LPのユーザー体験を評価します。ナビゲーションのしやすさ、ページの読み込み速度、モバイルフレンドリー性などを確認します。

自社の強みを活かしたLPの作成

競合LPの分析を踏まえて、自社の強みを活かしたLPを作成するためのポイントです。

  • 独自の価値提案(UVP:Unique Value Proposition): 競合他社にはない自社の独自の価値提案を明確にします。これにより、ターゲットユーザーに対して差別化を図ります。
  • 強みを強調: 自社製品やサービスの強みを強調するコンテンツを作成します。具体的な実績や専門知識、導入事例などを活用します。
  • ブランドの一貫性: 自社のブランドイメージを反映させたデザインとメッセージを統一し、一貫性を持たせます。
  • ユーザーの声: 顧客の声や導入企業の声を積極的に取り入れ、信頼性を高めます。

まとめ

ランディングページ(LP)は、ユーザーの興味を引き上げ、最終的なコンバージョンを獲得するために不可欠なツールです。

LPの最終目標は、ユーザーに具体的なアクションを取ってもらうことです。お問い合わせや資料請求への誘導を行い、ユーザーがスムーズにアクションを起こせるようにしましょう。効果的なフォームを設置し、ユーザーの疑問や不安を解消するコンテンツを提供することで、コンバージョン率をさらに高めることができます。


【初回無料】中小企業のWebマーケティングならご相談ください

KAIZUKAでは中小〜中堅企業に特化したデジタル/Webマーケティング全般のサポートを行っております。プランニングや戦略のフェーズから実際の運用まで幅広く対応可能です。
初回の打ち合わせと見積もりは無料で実施していますので、お困りのことがあればこちらよりご相談ください。


この記事を書いた人

著者の画像

著者名: にしりゅう

広告を中心にしたWebマーケティング支援に10年間従事。小〜中規模クライアントへ施策横断したマーケティング支援が特徴。特に月額予算50万円以下プロジェクトは100件以上の実績を持つ。

Posted by kaizuka