【EFO】問い合わせフォーム改善ガイド

ガイド

フォーム改善EFOのすべて

Webマーケティングの目的の多くは、購入や問い合わせの獲得といったものであり、多くの場合、ユーザーによるフォーム入力を伴います。これらのエントリーフォームは、顧客情報を取得する重要な接点ですが、多くの企業はエントリーフォームの最適化が不十分なため、コンバージョン率を損失している可能性があります。

本記事では、エントリーフォームの最適化の基本概念とその重要性、さらに具体的な実践ポイントについて詳しく解説します。

エントリーフォームの最適化とは?

エントリーフォームの最適化とは、ユーザーが顧客情報を入力するフォームをより使いやすくすることでコンバージョン率の向上を目指す行為です。フォームはさまざまな経路から来た見込み顧客が、コンバージョン(CV)する直前の場所であり、確度の高い人がもっとも集まる場所とも言えます。

そのため、エントリーフォームの最適化は、CV数を増やすためにもっとも即効性のある施策と言えます。

エントリーフォーム最適化のメリット

エントリーフォームを最適化することで、コンバージョン率(CVR)の向上が期待できます。

フォームが使いやすくなれば、顧客が情報を入力する際のストレスが軽減され、途中で離脱することが減ります。また、顧客体験も向上し、リピーターの獲得やブランドイメージの向上も期待できます。

BtoBマーケティングにおけるエントリーフォーム最適化の重要性

BtoCではフォームからのCVがそのまま売上につながるケースが多いのに対して、BtoBマーケティングでは、エントリーフォームからのCV後に商談のステップをはさんだ上で受注となることがほとんどです。

BtoBにおいてweb経由のコンバージョンと売上の関係は複雑で、さまざまな要素が関係します。

  • 売上 = CV × アポ率 × 案件化率 × 受注率 × 案件単価

エントリーフォームの最適化によってCVRが向上しCV数が増加したとしても、同時にアポ率や商談化率が低くなってしまえば結果的に売上は減少することもあります。よって特にBtoBにおいてはコンバージョン後の各数値にも注意を払う必要があるということです。

エントリーフォーム最適化の具体的なアイデア

特にBtoB領域のフォーム改善における具体的なアイデアをいくつか紹介します。

フォームの入力時間を記載する

フォーム入力にかかる時間を明記することで、ユーザーが入力にかかる負担を事前に理解しやすくなります。例えば、「このフォームの入力には約1分かかります」と表示するだけで、ユーザーは安心して入力を開始できます。

誰向けの資料なのか記載する

ターゲットを明確に記載することで、ユーザーにとって有益な情報であることを強調できます。例えば、「この資料は中小企業の経営者向けです」「経理担当者必見」と記載することで、対象者が自分に合った資料だと認識しやすくなります。

どのような内容の資料なのかを記載する

資料の具体的な内容を示すことで、ユーザーが資料をダウンロードする動機付けになります。例えば、「この資料では最新のマーケティングトレンドや成功事例を紹介」と記載すると、それに関心のあるユーザーはダウンロードする価値を理解できます。

資料の一部を公開する

資料の一部分を公開することで、資料の質を視覚的にアピールできます。資料の目次やサンプルページを一部みせるすることで、ユーザーは資料の全体像をイメージしやすくなります。

ファーストビュー内に送信ボタンまで収める

入力フォームは長過ぎるものを避け、ユーザーが簡単に入力を完了できるようにします。ファーストビュー内に送信ボタンが収まることで、ユーザーは入力のゴールが見え安心して入力を開始できます。

入力項目は減らす

コンバージョン率を向上させるためには、フォームの入力項目を可能な限り少なくすることが重要です。

しかし、入力項目を減らすことで、営業工数の増加や商談化率の低下を招く可能性もあります。そのため、入力項目の重要度や優先度を考慮し、どの項目を入力必須とするかを慎重に検討してください。必須項目を減らすほど、ユーザーの入力負担が軽減されます。

入力しやすい項目から始める

簡単に入力できる項目から始めることで、入力のハードルを下げます。例えば、「お問い合わせ/見積もり依頼」を選択させたり、氏名や電話番号といった項目の入力から始めることで、ユーザーはスムーズに入力を進められます。

営業対応に役立つ項目を入れている

営業やインサイドセールスがアプローチする際に役立つ情報を収集しやすくします。

例えば、役職や抱えている課題といった情報を入力してもらうことで、営業担当者がより的確なフォローアップを行えるようになります。

まとめ

エントリーフォームの最適化は、Webマーケティングにおいて重要な施策です。

エントリーフォームを最適化することで、コンバージョン率の向上や顧客体験の向上が期待できます。今後も継続的な改善を行い、より効果的なフォームを目指しましょう。顧客の視点に立ち、使いやすいエントリーフォームを設計することで、ビジネスの成功に繋げてください。


【初回無料】中小企業のWebマーケティングならご相談ください

KAIZUKAでは中小〜中堅企業に特化したデジタル/Webマーケティング全般のサポートを行っております。プランニングや戦略のフェーズから実際の運用まで幅広く対応可能です。
初回の打ち合わせと見積もりは無料で実施していますので、お困りのことがあればこちらよりご相談ください。


この記事を書いた人

著者の画像

著者名: にしりゅう

広告を中心にしたWebマーケティング支援に10年間従事。小〜中規模クライアントへ施策横断したマーケティング支援が特徴。特に月額予算50万円以下プロジェクトは100件以上の実績を持つ。

Posted by kaizuka